2020年11月26日木曜日

Lesson 28. 摂理 PROVIDENCE

風をおこしたい

風が水を運びます。
風が光を誘います。
風は波動、風はゆらぎ、風は始まりです。
地球の呼吸は1分間に18回、潮の満ち引きです。
地球の自転は1秒間に440m、風は西から東へ流れています。
風には水分があります。
いい風は自然を癒します。
悪い風は生命を減ぼします。
風は光を放ち電気を生み出します。
風は光を受けて気となり、水を再生するのです。


大地に眠る物質を微粒子にし、天の水と呼はれる最良質の水分と混合させると
常識を超えた椴能を生み出す触媒が誕生することがあります。

触媒
CATAtYST



2020年11月19日木曜日

Lesson 27. 循環 CIRCURATION

 微生物の崇高な生命愛を知る

地球上の生命体は微生物と植物と動物の3つです。

微生物は植物に酵素を与え、植物が動物に酸素を与え、動物は微生物に祈りを捧げる、この循環が地球の生命力を支えているのです。

その中心には光があり、すべての生命力の源となっています。

微生物が動物としての人間の祈りに共感した時、地球は本来の循環を取り戻すでしょう。


魂は、生命全体の遺伝子の中に存在しているのかもしれません。

生命全体の遺伝子はすべてに共通です。

人間の魂が磨かれることによって動物も微生物も植物も、各々の魂も美しく耀いていくのかもしれません。


磨魂
RESOUL

2020年11月12日木曜日

Lesson 26. 呼吸 BREATH

 光の息と水の息は人の息

太陽の呼吸と地球の呼吸と人間の呼吸は同じ速度とリズムでつながっています。
古代人は日照時間中のこの3つの呼吸数が13680回だということを知っていました。
1分間に18回、これが太陽と地球と人の呼吸数です。
海に打ち寄せる波の数と人間の呼吸の数が同じだということを知っている人もいるでしょう。



光が水分を蒸発させ、雨を降らせ、植物に水分を恵み、根源的な生命力を与えます。
更に、光が植物の呼吸を促し、酸素が導かれ動物の呼吸を支えています。
光がすべての循環の源になっているのです。

循環
CIRCURATION