2021年6月10日木曜日

Lesson 55. 交流の拠点

 ミニミュージアムとしての家

楽しくなにかにこだわって生きることによって、世界観が生まれます。トンボ学会という母体があり、10万人の会員がいるとのことです。トンボの生体の研究から、水の澄み具合がわかります。トンボの群が居る処には、美しい水があるのです。世界中のトンボを知ることによっても、地域の風土が見え世界観が生まれます。古い家には蔵があります。何百年という年月を超えて代々の人々が、大切にしてきたお宝が眠っています。それはそのものが、ミュージアムの素材です。編集を加え、社会の流れとの比較をし、美しく展示すると本物のミュージアムに変わります。アンティーク オークションをカタログで行っている会社がドイツにあります。カタログを見て人々は、値決めをしてオーダーするのです。落札したら手に入ります。これもカタログそのものが、ミュージアムの母体です。小さい頃から、カメラが好きで60才迄に100台ものアンティークを集めた人がいます。この人はすでに、ミュージアムづくりの素材を持っているのです。何かにこだわって、しかも、いきいきと生きていくうちに家という保存空間は、自然にミュージアム化していくのです。それは、その人の人生を採しだす証明です。そんな空間には、人は自然に集います。又、それをテーマにカフェを開くと、そこはサロンになります。インターネット画面を置くと、そこはビジュアルギャラリーにもなります。家を建てる時に、30年経ったら、家をこんなミュージアムにしよう、そう考えると楽しくなります。それは、生命保険以上の健全な投資になるかもしれません。30年後、家という価値以上に、ミュージアムという価値が生まれ、資産になる可能性があるのです。

2021年6月3日木曜日

Lesson 54.「いやしろ地」と「けがれ地」

  それは、生体の内部のみを整えるというのではなく、場の生命力を高める手法も視野に入れた考え方でもあります。地球上には生命の営みに癒しと輝きを与えることのできる場が存在します。それは「いやしろ地」と呼ばれてきました。反対に体調を阻害し、不吉な出来事を誘発し、不幸や災いを招きやすい場もあります。これは「けがれ地」となづけられました。「いやしろ地」と「けがれ地」、この2つの相反した場が、人類の営みの歴史性を生んできたのです。西洋の戦いの歴史は、病気の歴史でもありました。「けがれ地」に野営した側の兵士は大半が伝染性の病気にかかり戦力を落とし破れていきました。実践以上に勝ち負けは「場」の力が左右したのです。国の首都の移転も「いやしろ地」を求めての行動そのものでした。我が国でも平城京から長岡京、更に平安京に移っていった歴史の裏には、藤原氏の人々が原因不明の病で次々と亡くなっていったという状況がありました。それ以前に平城京の貴族達は奈良という地を「いやしろ地」にすべく、膨大な費用を投じて東大寺の大仏殿をつくったのです。フリーメイソン達が特殊な技術を封印しながら、ヨーロッパの都市建設のすべてを一手に担い、神が降りる、日本的にいう「いやしろ地」を構築することによって国をおこし、逆に「けがれ地」にしてしまうことによって国を亡くしてきたという歴史を冷静に見つめるべきです。


2021年6月1日火曜日

お手入れノート6月号発行

      🌟お手入れノート6月号を発行いたしました。

お手入れノートは毎月1日発行。
登録は👉こちらから。
個人情報不要。
メールアドレスを入れるだけで簡単に登録できます。