2020年12月17日木曜日

Lesson 31. 脳業の世紀へ

1999年に入って、北浜証券取引所の立ち合いの人々の姿が消えました。
大阪の風物史が又、ひとつ無くなったのです。
1人の堂業マンもいない証券会社が生まれ好調です。
松井証券は、インターネット取引のみで好成績を上げています。
購入するのは、オフィスワーカー達です。ほとんどが個人です。
コンピューターに向かって仕事をしている合間に購入するのです。
証券業は、汗と努力の営業という労力業から脳業に変化しています。
農業も、すでに脳業に変貌しています。
それには、野菜を売るのではなく、ベータカロチンを売るという発想に切り換えるということです。
物質は、微粒子にすることによって活性します。
野菜を育てる時点では、土の活性と活性水を与え、出来上がると今度は水分を抽出液にして保存し、残りを超ミクロのパウダーにします。
抽出液は、食材の生産時の触媒になります。
パウダーは、食べる時に活性水を加え、スープ状にすると高機能食品になります。
又、パウダーに目的別情報を電気的に刷り込むことができます。
日本のような賃金の高い国では、もう単純労力の仕事は採算に合いません。
ワーキングビジネスは、どんどん海外に移転しています。
海外研修生や留学生と称して大量の労慟者が海外から入っています。
ファクトリ一型のフリートレードゾーンができれば、そこでは海外の労働者達を大最に雇用することもできます。
しかし、日本人の雇用はワーキングではなく、これからはブレイニングでしょう。(Brainning)
もう、この日本での仕事のすべてが脳業化していくのです。




2020年12月10日木曜日

Lesson 30. 磨魂 RESOUL

 酸化の極地を還元に

地上に現れた物質はその瞬間から酸化の道を辿ります。
酸化、それは腐敗です。
腐敗して土に帰る、このシステムに狂いがおきてから地球は汚れていきました。
人工でつくられた物質による酸化を還元に転換する技術、それが地球を救うのです。


魂のアンテナを磨きましょう。
散りゆく花ビラを観て生命の源の摂理を感得する、
そんな風雅な心をみずみずしく再生しましょう。

摂理
PROVIDENCE


2020年12月3日木曜日

Lesson 29. 触媒 CATALYST

 触媒的な天の視座を持ちましょう

素粒子という極小の世界では、陽子と中性子が夫婦のように男になり女になり互いの役割を交換し続けています。
この動きのリズムが物質のゆらぎを生み出すのです。
高次元の触媒を加える事によって、もうひとつの中間子の動きに変化がおこります。
中間子が、陽子と中性子の動きをコントロールしているのです。
中間子の動きを変化させることのできる触媒が物質に奇跡の機能を与えるのです。
世の中を常に中間子のような触媒的立場で視る天の視座が、世の中を動かすのです。


極小の世界のゆらぎが変化すると、物質は奇跡的な機能を現し出します。
抗酸化力を持つプラスティックが生まれたり、自動車の排気ガスを極度に減少させる現象がおこったり、
免疫力を安定させる繊維が生まれたりするのです。

奇跡
MIRACLE