2020年7月9日木曜日

Lesson 15. サイモス理論 ~魂・空~ 前編

魂 空(前編)

論理がバシニングポイントに向かって消失していくこと自体が「空」であると言ったのは、大乗仏教が波及していった頃の南インドのバラモン階級出身の天才、ナーガルジュナです。
彼は呪術に長け、忍者のように自分の姿を消してしまう隠遁の術ができたといいます。
小乗仏教に入り、理論をつかんでいきますが、存在自体にはなれないということを知り、大乗仏教に転向していきます。
そして大乗の「空」についての思考を深めていくのです。


彼はこのような論理を導いたのです。
「私であることはない、私でないこともない、その両者であることもその両者でないこともない」
というように言明することによってきれいさっぱりすべての言語的対象が、最後の消滅点にむかってなくなっていく、そんな超越的な論理をつくったのです。


自分の存在を消滅させたところに、本当の自分があるというような考え方なのでしょう。
これを日本では「うつ」といいます。
「うつ 」は空と書きます。
うつつ、うつわ、うつけものな どの言葉は、「空」からうまれています。
夢うつつと は何も考えていない「空」の状態をいいます。
欲のない状態です。
うつわは「空輪」と書きます。
空の輪、すなわち円のことです。
リングのことです。
べてをつつみ、自分の描いた輪の中で考えられる人をうつわの大きい人といいます。


平面に描いた円の中心に「ちょん」と印すことによって、円は二次元の形から四次元の形状に変化してしまいます。
円の中央にポイントができるだけで宙に浮いた円となるからです。
これが禅でいうマルチョンの絵画です。
うつけもの、空気者というのは何を考えているか判らない人間のことです。
智将と呼ばれた人々は、ある時期うつけものを演じてきました。
打ち入り前の大石蔵乃介、天下を取ることを夢見ていた頃の織田信長がそうです。


「空」は原子核の中の中間子の動きによっても現すことができます。


水という物質があります。
水はH2Oという分子でできています。
Hが2つがひとつの組み合わせでできているのです。
H、水素は原子が集合してできています。


原子の中には原子核があります。
その原子核の囲りには電子が勢いよく回っています。
原子核の中には陽子と中性子が、互いの存在を交換しながら循環しているのです。
陽子と中性子が夫婦のように仲良く互いの役割を交換しながらリズミカルに動いている時は、物質は活性化しています。


その際、大変重要な役割りを果たしているのが中間子です。
陽子と中性子の中央から仲人のように両者の関係を調整するのが中間子なのです。


間子の動きが良くなると陽子と中性子はリズミカルに動きつづけます。
このリズミカルな動きにつられるように原子核の囲りを回っている電子の軌道が極小になるのです。
最も近回りをするのです。


すると原子核からはバイオフォトンという光のエネルギーが発せられるようになります。
これが細胞に輝きを与えていくのです。


人体の場合はオーラとなって発散します。
「空」としての中間子の働きが、すべての鍵になって生命はカをつけるのです。


このように空の心でいるということは、自分を触媒として見つめる心です。
触媒というのはそれ自体は表面化しませんが、それを加えることで物質の状態を一変させる存在のことです。
豆腐に入れるニガリも触媒です。

名刀をつくる時にかける水も触媒の役割をします。

2020年7月2日木曜日

Lesson 14. サイモス理論 ~導入編~

サイモス理論 


振動波について
大宇宙の生命体のすべてが振動している、
そう感じたことはありませんか。
私達人間の眼には見えないだけで自然界の物質は、すべて独自の振動のパターンを持って動き続けているのです。
この考え方を CYMOS(サイモス)という理論体系を構築して解説していこうと考えています。

この振動が大宇宙と小宇宙としての 私達の体内をどのようにして結んでいるのか、このことを振動の在り方を分析し、振動の意味と波のリズムを知ることの大切さを学ぶ講義にしたいと考えています。

Cymos
特殊な触媒液で、silf 加工を施した物質はサイモス現象をおこすことがあります。
物質の極小部分の素粒子の動きが、リズミカルになるのです。
それは、まさに宇宙航行する探索衛星の動きのようです。
又、海中を悠々と泳ぐいそぎんちゃくのようです。

Cymosolyst
東洋の人々は、究極の呼吸法を修得して、極意を身につけ、たった一枚の布をまとうだけで、あのチベットの極寒の中で冬を越します。
西洋の人々は、光と影の点滅の状態を用いて生命の持つ一瞬一瞬のリズムを現します。教会のカテドラルの美学がそれです。
美しいステンドグラスを通して、教会内に差し込む光に呼応するように高らかにオルガンが鳴り、人々は神に歌としての声を捧げるのです。
すべては、振り子に例えられるゆらぎのリズム の中で存在します。
そのリズムのダンスに参加することそのものが、生きるということなのです。
そんな生き方をしている人々を、Cymosolyst(サイモソリスト)と呼びます。

Cymos・・・・・大宇宙の生命の呼吸のリズム
Cymosology・・・・集散波学(宇宙呼吸概論)
Cymosolyst・・・大宇宙の呼吸のリズムと一体化し調和して生きる人


拡散の美学
アーティスト達は、ビックバンの爆発の瞬間に生まれる超越的な拡散のエネルギーを形にすることに生命力をかけます。
つくられた形ではなく、根元的なエネルギーが源から噴出し、フォルムとして描かれていく瞬間を偶発的必然性をもったタイミングとして捕らえ、その絶妙の間を、体内に環境化することに神経をとぎすますのです。

集中の力学
森羅万象のすべてをひとつに集約することを目指して学者達はまず、カオスの海をさまよいます。
その道筋への糸口が右脳に浮かぶと、左脳へリレーされプログラム化されます。
右脳の絶妙のリレーションが続く中で、左右脳の中間に深い海溝が用意されます。
シータ波と共にその溝へむかってひたすら論理をまとめていくのです。
この行為に象徴される究極の密度を探求する気概が人類脳を成長させつづけてきたのです。

2020年7月1日水曜日

お手入れノート7月号を発行いたしました。

🌟お手入れノート7月号を発行いたしました。
http://lidic.com/oteire/oteire_004.pdf

今月号の特集は「ファンデーション」
紫外線と汗問題に悩まされる7月。
軽い着け心地で素肌美を演出できるファンデーション。
なるべく肌に負担をかけずに使いやすいものを
毎日のメイクアップに取り入れたいですね。

お手入れノートは毎月1日発行。
登録は👉こちらから。
個人情報不要。
メールアドレスを入れるだけで簡単に登録できます。

2020年6月25日木曜日

Lesson 13. 無毒

無毒の暮らしに学ぶ


抗生物質の効力に陰りがみえてきました。

1954 年、世界中で売り出された抗生物質の陰でフランスでも多くのエルボリストという薬草調合師が仕事を失いました。
薬草への注目度は日増しに高まっています。

大量に、平等に、同質のモノを提供しようとする事の弊害が一挙に露出してきました。
自然の循環に反した生産システムには、多くの毒物が含まれていたのです。

人々は、今できる限り、体内に毒物を吸収しないで生きる方法を真剣に求めはじめました。
その欲求は、この次の 100年間の人間の生活文化の潮流となっていくでしょう。

無毒の暮らしの潮流です。
それを実現する技術と智には、世界中から多くの支援が集まるでしょう。


ハームレスライフストーリー


まず、最初に確認しておかなければならないことは、自然の営みという環境は、その総てが人間には優しいとは限らないという事実です。

山肌に自然に生えている植物の中の、薬草と毒草の見分けがつかなければ、生命は危険にさらされることさえあるのです。
ナチュラルであることが、いつも、より安全ですべてがいいわけではないということを、正しく伝えることはとても大切です。

人は化学合成された成分と同様に自然な成分に対しても、アレルギー反応をおこすこともあります。
特にスキンケア用品というような直接肌に使うモノなどには、この辺りのバランスを整えて行くための配慮は不可欠なのです。

ネーチャーラーナーズでいう「ネーチャー」とは、人体の営みに対して、より優しい作用を与える要素として定義したいと思います。
ネーチャーラーナーズの「ネーチャー」とは直訳すると「自然」のことですが、ここでいうネーチャーとは、大自然の持つ生命体の営みとしてのゆらぎのリズムや摂理(プロビデンス)を総称しています。
人間は、1分間に平均すると18 回の呼吸をします。
海の波が岸辺に打ち寄せるのも1分間に18回です。
太陽の熱放射のリズムも1分間に 18回です。
これは、大自然の持つ生命体の営みとしてのゆらぎのリズムであり、大自然が設定した摂理です。

大気中の酸素と窒素のバランスも同様です。
酸素21%、窒素 78%、残りの1%は常に多様な物質が出入りしながら、一定のリズムでゆらぎを続けています。
この酸素と窒素のバランスが数パーセント狂うだけで、地球は燃えるか冷えるかどちらかに傾きます。
1%の狂いもないこと、そのものはまさに奇跡だといえます。
これも自然の摂理です。

これらの摂理を数多く知り、それに従って生きることはとても大切です。
人生の運、不運さえ左右してしまう作用を持っているからです。

古代から人々はこのことを熟知していました。
摂理を遵守し、その上で祈りを加える、この教えはネーチャーラーナーズライフを提言していく上で重要なテーマになります。

ここでいう祈りとは神頼みではありません。
心の整理と浄化を意味しています。

ネーチャーが意味するもうひとつの対象は人体の営みです。
ネーチャーラーナーの商品群の開発の目的は、いかに人体の自然の営みを支援する機能があるかどうかを追求することです。
大気の汚染、オゾン層の破壊による紫外線の人体への影響、水の汚染、人工電磁波に囲まれた空間、一人当たり平均 4kgも摂取する食品添加用防腐剤の問題、廃棄物から出るダイオキシンの人体への影響、コミュニケーションギャップによるストレス社会の構造、アトピー、アレルギーの増加、自己免疫症侯群としての花粉症の日常化などが私達の暮らしを取り巻いています。
特に、都会生活においては、一般的な健康生活を維持することさえ大変難しい状況なのです。

このような環境を背景に持つ社会の消費市場の中にネーチャーラーナーズのブランドを通して、大自然の営みとしてのリズミカルなゆらぎを、その物質性の中に備えた商品のみをお届けします。
それらの中には 100%ピュアなナチュラルマテリアルから生まれたモノも入ってくるでしょう。
しかし、それだけでは多くの人々に行き渡らないばかりか、価格も大変高い物になることがあります。

カシミアやシーアイランドコットンのピュアな逸品は世界中の企業により、すでに入札制度さえ出来上がっているのです。
人工でつくりこまれた素材、例えばナイロンのような素材でも、生体の営みを阻害せず、人体の健全な血流を助けるパンティストッキングとしてのネイチャープロダクトをつくりだすことでナイロンという素材を蘇生させてしまうことができる技術が生まれています。
ネーチャーラーナーズブランドを通して様々な優秀な技術を用いてこれらのネイチャープロダクト生み出していきます。
よりネーチャーに生きたいと考える人々を支援する為の商品開発がネーチャーラーナーズブランドにかせられた使命です。

ではなぜ、ナイロンのような人工素材を身体に優しいものに変えることが出来るのか。
この疑問に答え、その原理をお教えし、人々が学ぶことのできる場を提供することもネーチャーラーズ事業の重要なポイントです。

2020年6月18日木曜日

Lesson 12. 意識の「識」


旅がブームです。

海外へも国内へも、人々はとりあえず出かけていきます。
発見や感動を求めて動きつづけています。
誰もが五感で味わう旅もあれば、自分でしか味わえない旅もあります。
それを意識の旅といいます。

意識の旅は、自由な旅です。
パスポートもピザも旅券も要りません。
時差もないし、おみやげもありません。
いつでも、どこでも楽しめます。
人間には、誰もがイメージする力が与えられています。
イメージは、自分が本当に惚れこんでいるモノやコト、ヒトを心の中に浮かべることから湧いてきます。

イメージの源とは、 未来への希望なんです。
人も意識の旅で予想もつかない発見をしますが、実は、地球も意識の旅を続けているんです。

科学的に分析すると、この大気圏には、酸素がなくなってもおかしくないそうです。
なのに酸素は今もあり、生物は今日もこの地球に生きています。
これ自体が偶然なんです。
それは、地球が生きたいという意識を持っているから持続しているんだと思います。
人間も生きる希望を失うと病気になり細胞が弱くなり死んでしまうこともあります。
生きる意識が人を人間にしているんです。

人間の生命は、意識の力によって支えられているんです。
意識とは、英語でコンシャスといいます。
ボディコンシャス「ボディコン」は、身体を意識するという意味です。
そのコンシャスを環境保護に向けてみましょう。
これをEARTH CONSCIOUS地球意識といいます。

意識とはおもしろいものです。

意識の世界で生まれたことはその意識から熟成し細胞に記憶され現実の世界で再現されることがあるんです。
「想いが実る」ということです。
イメージが浮かびおぼろげに形になり言葉になり物語りになっていくと意識に入っていきます。
こんな自分になってみたい、そう想いつづけると、意識の力がはたらいて実っていくんです。

想わないでいればいつまでも永遠に実りません。
単なる憧れや 羨望やねたみやグチで日々を過ごしていたら、永遠に意識はあなたの力
になりません。
ともかく、まず自分の意識の中に理想の自分を描いてください。
そしてその自分に成っていくプロセスをイメージしてください。

それを意識の歌というのです。

2020年6月11日木曜日

Lesson 11. 意識の「意」


人間はこうしたい、こうなりたいと
思いつづけると自然にそうなっていきます。
そう思わない人は永遠になれません。
偶然には、なれないのです。
これを意識の力といいます。 

こうしたい、こうなりたい、こうありたい、というイメージが
明確であればあるほど、早くそうなります。
難しく考えないでください。 

まず軽く「こんなふうになれたらいいなあ」という感じで
身近なテーマをつくってください。

“もっと雰囲気のある女性になりたい”
“もっと実力をつけてバリバリはたらきたい”

“自分らしい部屋が欲しい"

“自分らしい時間が欲しい"

いろいろあるでしょう。


こうありたいと想う力を高めるには意識の旅を
はじめることです。
心の中で旅をするのです。
理想の自分になった時のことを考えて、イメージの旅をするのです。 

まず、自分を愛しましょう。自分の素晴らしいところを見つけ
評価し、肯定し、許し、認め、愛し、尊敬するのです。
自分を愛する、その愛に余裕が出たらその次にゆっくりと
他に及ぼしていけばいいのです。 

意識の旅を楽しめる、まずそんな自分になりましょう!

2020年6月4日木曜日

Lesson 10. 光・星

光に学ぶ

LEARNING FROM ILM


眼に見える光、見えない光

見える光は太陽光線です。
太陽光線は、核酸を生成し、微生物と植物と動物の循環を司ります。
微生物には夜明け前の青みがかった光が必要です。
植物には、朝日の鮮烈な赤の光が有効に作用します。
私達人間には、まばゆいばかりの黄金色の光が細胞を癒すのです。

太陽の光によって植物は光合成し、酸素をつくります。
私達は光のお陰で呼吸ができているのです。
見えない光は、別銀河系からやってきます。
それは太陽光線の 10000000000000000 分の1の量しかない光です。
そのひとつは、軟性宇宙線といって、シャワーのように降り注ぎます。
この光は、マイナスイオン電子を生む場を清める力を持っています。
もうひとつは、硬成宇宙線です。
この光線は、10cm の厚さの鉛の板を突き抜けて直線的に進みます。
硬成宇宙線が人間の頭に降りてくると、電子と陽子を生み出します。
更に、その電子と陽子の2つが併合して中間子が発生します。
この中間子は、人間の脳細胞の原子核の動きを驚異的な速度で高めます。
眠っていた細胞を活性化させ、膨大な許容量と記憶力を生み出すのです。



星に学ぶ

LEARNING FROM STAR


星に学ぶ

星を観て、人は地球上の自分の位置を測ることができました。
星の輝きは、夜の闇に怯える人々に温かい希望を与えました。
無数の星の群を河に見立て、又、星座に見立て、人々は永々と絵心をも磨いてきたのです。

実は、私達の見ている星は、物体ではなく光なのです。
星が爆発した瞬間の光が数億年の時間を経て、私達の眼に届いているだけなのです。
星は自らの消滅をもって地球の生命体に光のメッセージを届けているのです。

時に、人は星になりたいと考えています。
自分を光りにして、多くの人々の心に夢や希望を与えたいと願うのです。

古代、星になりたいと考えた時、人は常に山に入りました。
豊かなエネルギーを秘めた大地に立ち、左の手から森のエネルギーを吸収し、呼吸法を酷使して脳波をシータ波にし、右の手から病んだ人を癒せる位の強力なエネルギーを発散する術を学んだのです。

そんな時、人の肉体は光そのものに変わり、人は星になるのです。
いち、にぃ、さん、