2021年7月22日木曜日

Lesson 61. 動く家

海上の家

スペインのコスタデルソルのヨットハーバーには20億円クラスの豪華クルーザーが、100隻余り停泊しています。情報機器をすべて搭載し、レストラン機能を持つこれらのヨットは、動く家であり、オフィスなのです。英国船籍がほとんどのこれらの海の家は世界各地を航行しています。彼等のほとんどは、ライセンス事業のオーナーなのです。例えば日本のゴルフボールメーカーが、新しいデザインのゴルフボールをつくるとします。その際、デザインをスコットランドのエジンバラのセントアンドリュースにある英国ゴルフ協会に認定してもらう必要があります。更に、登録されれば、そのゴルフボールの売上の一部をロイヤリティとして、英国ゴルフ協会に支払わなければなりません。1600年から、7つの海を制して、植民地をつくりつづけてきた大英帝国は、今日も尚、その商業利権システムを酷使して、ライセンス事業を続けているのです。このようなライセンサー達は、クルーザーで世界のヨットハーバーを回りその地の市場をリサーチし、ビジネスパートナーを招いてもてなすという仕組みをもって事業を営んでいるのです。実は、世界中に点在するヨットハーバーや、そこの中心にある名門ヨットクラブのほとんどは、このようなライセンスビジネスの事務局の役割りも果たしているのです。西暦700年頃から、1000年間に渡って栄え続けてきた人口海上都市、ベネッツア共和国の男性達もその一生の大半を船という家の中ですごしました。人口わずか10万人の海上国家の成人男性のほとんどは、商業交流事業船の乗組員だったのです。タイタニック号が、SOSという信号を世界で初めて流したという事実があります。その悲劇のニュースは、一夜のうちに世界中に知れ渡り、SOSの電信機器は、世界中の政府や、企業に販売されたのです。そこでは、SOS電信機器事業の壮大なプロパガンダとしての事故というストーリーを描いてみてもおかしくはありません。豪華客船という家も、19世紀から20世紀の初めにかけての人々の夢をかきたてる空間でした。その中から、ルイ ヴィトンのバッグが生まれ、オリエンタルホテルの回廊も生まれたのです。香港にも、海上の家が多くありました。サンフランシスコのソーサリートにも、ヨットで暮らす人が多くいます。海という生命体を生み出した場に暮らすことによって、人間は生体のゆらぎを再発見し、その波のリズムと同調することによって絶妙の癒しを味わうことを求めてきました。シーサイドコテージを求める人々の想いにもそれは、現れています。この神の息としての海の呼吸のリズムを地上の家という空間に取り入れる工夫の中から、新鮮な癒しのノウハウが開発されるかもしれません。

2021年7月15日木曜日

Lesson 60. 光恵空間という高次元空間

  例えば、未来に向けて、自分以上に会社の為に何を成すべきかを討論する互恵心の豊かな集団のいる場所には、天の恵みとしてのカスケードシャワーが降り立ち、知識を知恵に変えていきます。商いを営む店の人々が互恵心を豊かに持ち帰りを忘れず微生物の営みに心を注いでいるとしたら、そこにもカスケードシャワーが舞い降り、商いの循環を高めます。街の中のある小さな界隈にお洒落で洗練された人々が集まりだし、街に光が漂うように明るくなっていく、そんな状況は世界中の所要都市に常に起こっています。ニューヨークのSOHOエリアのグリーンストリートのZONAというコンセプチュアルライフスタイルストアには、1985年当時カスケードシャワーは確実に舞い降りていました。ロンドンのコベントガーデンのデザイナーズブディック、ポールスミスの店にも1980年以降、カスケードシャワーは幾度か降り注いでいます。パリのレ・アールのアニエス・ベーのブティックには今も休みなく光のシャワーは降り続けています。人々は競うように、そんな場に集まり、そこで物を求めます。それは物を求めているのではなく、光を求めているのです。なぜ、ZONAやポールスミスやアニエス・ベーに光の恵みがあるのでしょう。それは、その場づくりをしたひとびとが、宇宙の偉大なる霊的構造の似姿はいかにすれば創ることができるのかの作法を自然体で熟知しているからなのです。


2021年7月8日木曜日

Lesson 59.脳と星

 

古代インドでは、天体が脳と結びついているのかを綿密に調べ、法則として用いていました。脳内の重要な機能を持つ各部位が天体の活動と関連していることを体系化し、学問としたのです。これをアーユル・ヴェーダ生命科学といっています。例えば、太陽は間脳内の視床と結びついているといわれています。とすると、太陽の黒点の活動とこの視床は密接な関係を持っているということになります。この視床は、人間の感覚的入力をコントロールしています。感度が著しく高まるのは、この視床のはたらきです。1920年、太陽の黒点は、実に活発に動きました。この1920年を起点に、それ以前の歴史を70年周期で区切り、その年にどのような出来事がおこっているのかを確かめてみましょう。


1920年    チャッドヴィッド 核電荷と原子番号の一致確認

1850年    ルドルフ・クランジウス 熱力学の法則を確立

     フーコーとフィゾー 水中の光連測定により光の波動説を確認

1780年    ガルヴァ―二 動物電気説確率

1710年    レオミュール 温度計の発明

1640年    パスカルの定理

1570年    オリテリウス 世界地図の作成

1500年    レオナルド・ダ・ヴィンチ 科学軍事研究スタート

1430年    ゼンマイ時計発明


これらが、どれも光と原子に関係する発明や発見であることを太陽の黒点の活動との関連性をイメージしてみてください。

2021年7月1日木曜日

お手入れノート7月号発行

       🌟お手入れノート7月号を発行いたしました。

お手入れノートは毎月1日発行。
登録は👉こちらから。
個人情報不要。
メールアドレスを入れるだけで簡単に登録できます。 

Lesson 58. 動く家

 生産装置としての家

特技を生かしての自営業としては、デザイナーやコピーライター、又、弁護士、歯科医、会計士、などがありますが、この分野はどんどん拡大しています。永久雇用システムの消滅現象は、ますますプライベートカンパニーのブームを助長しています。事務所の家賃を払い、家のローンを払うというような二重のランニングコストを解消し、しかも家賃を生む、家という考え方があります。3階建ての住宅です。しかも、10件か、20件の家主メンバーとよく打ち合わせをし、おしゃれで高感度なものが集まれば、素敵な小界隈ができてしまいます。都心と郊外の接点となる環境のいいエリアにはピッタリです。1階のテナント料をローン支払い分に入れるので、効率がいいのです。アーチストの場合、1階をギャラリー、2階をアトリエ、3階を住居にすることもできます。ジュエリーデザイナーの場合、1階をジュエリーショップ、2階を工房、3階を住居にすることもできます。客は、2階の工房でオーダーメイドもできるのです。1件づつの顧客リストを会員が、有効に使うことでバランス良く、いいサービスを各々の客に提供することができれば、素晴らしいことです。又、全テナントと家主でミニコミ紙を出したりインターネット ホームページでくりをするのも意義深いでしょう。

2021年6月24日木曜日

Lesson 57. 軟成分宇宙線

  場の力を弱めることによって、人間は急速にエネルギーを消滅させていきます。崇高な天の神から受ける、人間の能力を超えた霊力など手に入り用がありません。古代から国づくりは、天からの光を受ける場づくりそのものだったのです。天からは2つの光が注がれています。ひとつは眼に見える光、もうひとつは見えない光です。見える光は太陽のことです。太陽光線は核酸を育成し、微生物と植物と動物の循環を司ります。微生物には、夜明け前の青みがかった光が必要です。植物には、朝日の鮮烈な赤の光が有効に作用します。私達人間には、まばゆいばかりの黄金色の光が細胞を癒すのです。太陽の光は眼に見える生命の営みである「BIOS ビオス」を生みだすのです。もうひとつの見えない光、それは私達の住む銀河系以外の別の銀河系からもたらされる光です。それは、宇宙線となづけられています。ニュートリノという名は、20世紀の初めに生まれました。太陽光線を10の16乗だとすると、宇宙線は1にしか満たないほど、わずかな量なのですべての場を包むわけではありません。宇宙線には、二種類のタイプがあります。ひとつは軟性分宇宙線です。これはカスケードシャワーといって小さな滝のように又、こまやかなシャワーのように降り注ぎます。この軟成分宇宙線はマイナスイオン電子を生みます。それは光子を生みだします。光子は一旦マイナス電子とプラス電子に分かれ再び光子に戻り、やがて二種類の光子へと分かれていきます。この軟成分宇宙線としてのカスケードシャワーが舞い落ちる場はいやしろ地となります。