2021年6月10日木曜日

Lesson 55. 交流の拠点

 ミニミュージアムとしての家

楽しくなにかにこだわって生きることによって、世界観が生まれます。トンボ学会という母体があり、10万人の会員がいるとのことです。トンボの生体の研究から、水の澄み具合がわかります。トンボの群が居る処には、美しい水があるのです。世界中のトンボを知ることによっても、地域の風土が見え世界観が生まれます。古い家には蔵があります。何百年という年月を超えて代々の人々が、大切にしてきたお宝が眠っています。それはそのものが、ミュージアムの素材です。編集を加え、社会の流れとの比較をし、美しく展示すると本物のミュージアムに変わります。アンティーク オークションをカタログで行っている会社がドイツにあります。カタログを見て人々は、値決めをしてオーダーするのです。落札したら手に入ります。これもカタログそのものが、ミュージアムの母体です。小さい頃から、カメラが好きで60才迄に100台ものアンティークを集めた人がいます。この人はすでに、ミュージアムづくりの素材を持っているのです。何かにこだわって、しかも、いきいきと生きていくうちに家という保存空間は、自然にミュージアム化していくのです。それは、その人の人生を採しだす証明です。そんな空間には、人は自然に集います。又、それをテーマにカフェを開くと、そこはサロンになります。インターネット画面を置くと、そこはビジュアルギャラリーにもなります。家を建てる時に、30年経ったら、家をこんなミュージアムにしよう、そう考えると楽しくなります。それは、生命保険以上の健全な投資になるかもしれません。30年後、家という価値以上に、ミュージアムという価値が生まれ、資産になる可能性があるのです。

2021年6月3日木曜日

Lesson 54.「いやしろ地」と「けがれ地」

  それは、生体の内部のみを整えるというのではなく、場の生命力を高める手法も視野に入れた考え方でもあります。地球上には生命の営みに癒しと輝きを与えることのできる場が存在します。それは「いやしろ地」と呼ばれてきました。反対に体調を阻害し、不吉な出来事を誘発し、不幸や災いを招きやすい場もあります。これは「けがれ地」となづけられました。「いやしろ地」と「けがれ地」、この2つの相反した場が、人類の営みの歴史性を生んできたのです。西洋の戦いの歴史は、病気の歴史でもありました。「けがれ地」に野営した側の兵士は大半が伝染性の病気にかかり戦力を落とし破れていきました。実践以上に勝ち負けは「場」の力が左右したのです。国の首都の移転も「いやしろ地」を求めての行動そのものでした。我が国でも平城京から長岡京、更に平安京に移っていった歴史の裏には、藤原氏の人々が原因不明の病で次々と亡くなっていったという状況がありました。それ以前に平城京の貴族達は奈良という地を「いやしろ地」にすべく、膨大な費用を投じて東大寺の大仏殿をつくったのです。フリーメイソン達が特殊な技術を封印しながら、ヨーロッパの都市建設のすべてを一手に担い、神が降りる、日本的にいう「いやしろ地」を構築することによって国をおこし、逆に「けがれ地」にしてしまうことによって国を亡くしてきたという歴史を冷静に見つめるべきです。


2021年6月1日火曜日

お手入れノート6月号発行

      🌟お手入れノート6月号を発行いたしました。

お手入れノートは毎月1日発行。
登録は👉こちらから。
個人情報不要。
メールアドレスを入れるだけで簡単に登録できます。

2021年5月27日木曜日

Lesson 53. インターネットの本質

 アメリカ国防総省の思惑/ペンタゴンは何を考えているのか。

核の傘というシステムが崩れ、21世紀の国際社会では、8つの文明が互いのアイデンティティを主張する為、いつどこで紛争が起きても不思議ではない、という分析をしたのは、ハーバード大学のサミエル・ハンチントン教授でした。パックスアメリカーナの理想を基に、世界の警官を自負するアメリカ国防総省はこのような一触即発の文明の衝突危機の状況を回避する為に、まさにペンタゴンの建物の形をメタファーに5つの方策を選択しました。その戦略の軸となるのが、インターネットなのです。




2021年5月20日木曜日

Lesson 52. 交流の拠点

 双方向通信交流拠点としての家

銀行振り込みや、航空チケットの手配や、賃貸ビルの調査、特許の申請までもが、自宅でできる暮らしがもうそこまできています。ある大手企業が、日本全国の1000万世帯のTVに無料で、双方向通信機を設置する計画を進めています。ニューヨークのワーカーホリック達が、日々デンバー24時間空港に、大勢降り立ちます。彼らにとってニューヨークは交渉の場、デンバー郊外の自宅がデスクワークの場なのです。コンピューターネットワークによって、美しい山並みと水辺のコテージが、オフィスになってしまったのです。SOHO(SMALL OFFICE・HOME OFFICE)という言葉が、脚光を浴びています。従来の永久雇用制の売上規模競争型オフィスは不要になりつつあります。世界とリンクしていくには。24時間対応型のオフィスが必要です。スペースもシンプルで、事務所というよりは居心地のいい書斎というようなイメージの空間です。そこにはシャワールームがあってもいいでしょう。カラーコピー機や、プリンターや、大型コンピューターはビルの中のマシンルームにあり、サービスが受けられるのでリースする必要はありません。地下には、会員制のバーもあり、又、会議室もあります。プライベートなスペースは効率良く借り、クライアントが来た時にゆっくりとコミュニケーションできる空間が設けてあります。各フロアーや廊下、エレベーター内はテナントの人々の作品のギャラリーになっています。ここはもう、オフィスというよりクラブハウスといった方がぴったりくるでしょう。このようなスタイルのビル建設が、増え、オフィス臭さのない、働くことと暮らすことが一体化するような時空間づくりが、ブームになるのでしょう。

2021年5月13日木曜日

Lesson 51. オルタナティブメディスン

 身近な効率を求め続けることを善としてきた会社が本来あるべき姿に戻るように天の大修正力が作動しだしています。抗生物質が発明された時、人々は菌を退治することの喜びに浸りました。悪性菌と同時に生体に宿る神としての良性菌をも同時に殺してしまうことの意味を人々は軽んじていたのです。抗生物質は悪性菌を殺し、多くの人々を救いました。しかし、新しい抗生物質が生まれたその数だけより強力な悪性菌が新たに誕生していたのです。すでに、生体に優利に作用しない抗生物質の数は年々増えています。日本原人は、微生物を地上の神として崇めその営みと共棲させていただくことができるよう祈ってきました。微生物という神は人の祈りを正しく感じる意識を持っています。微生物がすべて殺されたとしたら、この地球の生命体は消滅します。微生物が、地に、空気中に、そして天に存在することによって私達は豊かな酸素を体内に吸収することができるのです。このことは、西洋医学と東洋医学の違いに集約されています。菌を殺し、生体から悪生物を取り除き、強い物だけが生き残るように処置する西洋医学に対し、東洋医学は全身をひとつの系として捕らえ反射点を見つけ、そこを治療することによって患部の細胞の営みを正しく整え、善循環を再生させようとする術を用います。この2つの比較を越えた新しい医療としてのオルタナティブメディスンという分野が今、開拓されようとしています。西洋や東洋を区別するのではなく、生命の営みを整える術には祈りの力が不可欠なのだという考え方もこのオルタナティブメディスンの医療理念の中に存在します。





2021年5月11日火曜日

弊社における感染拡大防止への取り組みにつきまして

弊社は日本でも一番感染者の多い大阪に本社をおいております。

お客様へ健康と美を提供する企業として、この感染症と戦い、打ち勝つこともまた、お客様へのサービスであると考えています。

弊社では業務を執り行う上で、下記のような対策を講じ、日々感染拡大防止に努めております。

まずは社内で感染を拡大させないこと。

一日も早く皆様に安心して過ごせる日常を取り戻していただけるよう、わたくしどもにできる精いっぱいを尽くしてまいります。